最安の発送方法!?62円で送れるミニレターを使ってみよう!

f:id:lechatcapricieux:20170624114613j:plain

ミニレターってご存知でしょうか?定形郵便82円よりも安く、なんと62円でちょっとしたものを送れるので、送料の節約におすすめな発送方法です。

ミニレターとは

郵便書簡(ミニレター)とは

はがきの3倍のスペースを持った封筒兼用の便せんです。

引用:日本郵便

便せんとありますが、手紙としてだけではなく、のり付けして封筒になるので、ちょっとしたものを同封して送ることができます。もちろんメルカリやヤフオクに出品した商品の発送にも使えます。

「62円」とはがきと同じ金額なのに、はがきの3倍書けて封筒にもなるなんて!上手に活用したいですね。

同封できるもの

重さが25g以内であれば写真、メモ(紙片など)の薄い物を同封可能です。 重さが25g以内でも、紙片状のもの以外は同封できません。(例:ペン、鍵、化粧品等)

引用:日本郵便

まず重さの制限が25グラムとなっています。

そして紙片状のものが同封可能とあります。シールや写真、金券ではチケット、クオカード、図書カードといったものを同封するのに使えそうです。

また、紙片状以外の例としてペン、鍵、化粧品等とありますがそんなものを入れたら25グラム超えてしまいますね。

サイズと重さ

合計の重さが25グラムまでという規定があります。

封筒の重さが4グラムなので、21グラムまでのものを入れることができます。また、25グラムを超えると定形外郵便料金(120円~)が適用されるので注意が必要です。

重さ制限があるので、最低でも1グラム単位のはかりがあると便利です。

折りたたんだ時のサイズは、たて約16.5㎝・よこ約9㎝となっています。チケットなどは折り曲げないと入らないでしょう。

追跡番号や補償をつけると安心

特に金券などを送る時には追跡番号や補償をつけた方が安心です。

特定記録

万が一の時の補償はありませんが、追跡番号で配達状況の確認ができます。

ミニレター料金 特定記録料金 合計金額
62円 160円 222円
簡易書留

万が一の時に5万円までの補償があります。もちろん追跡番号で配達状況の確認ができます。

ミニレター料金 簡易書留料金 合計金額
62円 310円 372円

さらに一般書留をつけることもできますが、そこまでの補償を求めるならゆうパックなどで送るほうが安心かと思います。

さいごに

普通郵便82円に比べ一通につき20円安いだけですが、たくさん発送する場合にはお得になると思います。ぜひ、発送方法のひとつに取り入れてみてはいかがでしょうか。