読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

定形外郵便の料金が値上げ!新たな規格も設定されます(2017年6月1日〜)

2017年6月1日に郵便料金値上げ

2017年6月1日より郵便はがきの料金等が値上げされます。

はがきだけかと思っていたら、なんと!定形外郵便も値上げされるようです。はがきは年賀状以外ほぼ使いませんが、定形外郵便はメルカリでよく使っている発送方法なので、正直値上げは痛いです。

そして、定形外郵便に新たな規格が設定されます。 

定形外郵便の新規格

定形外郵便の規格

出典:http://www.post.japanpost.jp

こちらが新規格となります。

  • 長辺34cm
  • 短辺25cm
  • 厚さ3cm
  • 重量1kg

A4サイズの用紙が折らずに入る角形2号封筒程度の大きさで厚さが3cmまでということになります。この規格内に収まるもの(規格内)、収まらないもの(規格外)で料金が異なってきます。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、この規格はクリックポストと同じです。規格に収まるサイズならクリックポストで送った方が基本安いですね。

この規格におさまる規格内のものは料金据え置き(一部値下げあり)、規格外のものは値上げとなります。

 

定形外郵便の新料金(2017年6月1日〜)

重量 規格内 規格外
50g以内 120円 200円
100g以内 140円 220円
150g以内 205円 290円
250g以内 250円 340円
500g以内 380円 500円
1kg以内 570円 700円
2kg以内 取扱いなし 1020円
4kg以内 取扱いなし 1330円

 

ちなみに

規格内は他の発送方法がおすすめ

先程も少し触れましたが、規格はクリックポスト(164円)と同じサイズです。100gを超えるならクリックポスト*1 がおすすめです。料金が安いのはもちろん、追跡番号もついて安心だからです。

さらに、1kgを超えるならレターパックプラス(510円)の方がお得ですね。こちらも追跡番号がついている上に、手渡しで配達なので安心です。

 

規格外の値上げはやむを得ないかも

規格外はポストに入らないので実際は手渡しでの配達となります。 今までのポスト投函と手渡し配達が同料金という方がおかしかったのかもしれません。

大きいサイズのものはそれなりの料金を取るというのは仕方のないことかもしれません。利用者としては残念ですが(¯―¯٥)

*1:クリックポストを利用するにはプリンターが必要です