読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不要品はネットを利用して売った方が高く売れる

recycle

新しいものを買うと、これまで使っていたものは不要品となってしまいます。

その不要品はどのように処分していますか?

1.捨てる

捨てるものにもよりますが、大きいものになると粗大ゴミとして出さなければならなかったり、リサイクル料が発生する場合にはお金がかかってしまいます。

また、エコの観点からも、捨てるよりは、必要な人がいれば使ってもらいたいですね。

メリット:簡単に処分できる

デメリット:ものによっては処分料がかかる

2.欲しい人に譲る

タイミング良く欲しい人が身近にいれば一番いいですが、なかなか難しいですよね。

ちなみに以前、引越しをする時に、ちょうど一人暮らしを始める友人がいて、家具家電をいろいろ貰っていってくれた事があります。遠方に引っ越す為、処分しなければならなかったので、とても有難かったです。また、貰ってくれた友人にも感謝されました。

メリット:必要としている人に喜ばれる

デメリット:特になし

3.リサイクルショップに売る

引越しギリギリまで使いたくて、ネットオークションなどに出す事ができなかったモノを、出張買取してもらったことがあります。

正直、1個当たり何百円という買取価格だったので納得はいきませんでしたが来てもらった手前、そのまま買い取ってもらいました。

メリット:簡単に売れる、出張買取も便利

デメリット:比較的、買取金額が低い

4.ネットで売る

ネットで売る方法はいくつかあります。

  • オークションサイトで売る
  • フリマアプリで売る
  • 買取りサイトで売る

私は、実際にどれも利用しています。

どの方法で売るのが良いというより、売るものによって使い分けをしています。ものによって、売りやすさが違うんですね。

基本的には昔から使っているオークションサイト(ヤフオク!)に出品することが多いのですが、最近始めたフリマアプリ(メルカリ)がなかなか使いやすく、売れやすいなと感じ始めています。

フリマアプリは若い人の利用率が高いので、若い人が買ってくれそうなものを中心に出品しています。

反対に、オークションサイトには自分で価格をつけにくいものや、値段が上がる可能性があるものを中心に出品しています。

また、買取りサイトを利用する時は、特に大きな家電などを売りたい時です。

大きな家電は梱包するのが大変です。

買取りサイトはたいてい商品に合った梱包キットを無料で準備してくれるので、大きなものでも簡単に梱包することができます。

メリット:比較的、高く売れる

デメリット:手間がかかる

どの方法がいいの?

このように不要品は、いずれかの方法で処分することになります。

ものによったり、状況によっても変わってきますが、

私は圧倒的に4.ネットで売ることが多いです。

デメリットとして、手間がかかることをあげているとおり、他の3つの方法に比べて面倒なこともありますが、売れたお金で新しいものを買ったり、おいしいものを食べたりすることができるので、楽しんでやっています。

初めてネットでモノを売ってから、もう10数年もたちます。

ずっと続けているのも、楽しんでやれているからかもしれません。

そんな経験を活かし、ネットでモノを売る方法をご紹介していきたいと思います。