英語の問い合わせに対応する!eBayでのちょっと面倒な問い合わせ編

ebay


 これまでに受けたちょっと面倒くさい問い合わせを一部、ご紹介します。

ほんとうにバラエティーに富んでます。

 

今旅行で東京にいるんだけど、落札したら、東京駅に持ってきてくれる?

これは今までやってきた中で一番ビックリしたかもしれません。

フットワークの軽い人なら受けることもできるのでしょうが、英語も話せない私にとっては無理なことだったので、残念ながらお断りさせていただきました。

ディズニーの商品だったので、おそらくそれを持って、そのままディズニーランドに行くつもりだったと思われます。

今お金がないんだけど、給料日に買うからとっておいて。

取り置き依頼ですね。この問い合わせは、いまだに悩みます。

基本的には取り置きは受けているのですが、その後音沙汰なしということが結構あるんですよねー。

 

(画像を添付して)これ、欲しいんだけど探してくれない?

これは意外とよくある問い合わせかもしれません。

日本の商品だから、探せるでしょ?みたいな感覚で来ます。

そのお客さんご所望の商品を探すことができて、希望に応えることができたこともあります。

しかも、その後もその商品を出品してみると、売れ続けるという嬉しい結果につながったこともあります。

なので面倒くさがらずに対応すべき案件といえますね。

 

どこの言語か分からないメール

アメリカのeBayに出品しているので基本的には英語で来るのですが、世界中の人たちが見ているオークションサイトなので、たまに自国の言葉(特にスペイン方とか)でメッセージを送ってくる人がいて、困ってしまいます。

いちおう翻訳サイトにかけてみますが、それでも何を言ってるのかわからないことも多いので、大抵の場合「英語で送ってね。」と英語で返信しています。

 

というように、面倒くさいものもある中、結果的には売れる商品を教えてもらったりとメリットもあるので、悪いものばかりではありません。

あたり前ですが、どんな質問に対してもなにかしらの返答はしています。

最初の頃と比べるとだいぶ分かるようになってきたとは思いますが、

いまだに長文メールが来ると、パソコンを閉じたくなります。

ぱっと見、何を言ってるのか分からないと、一旦閉じます(笑)。

なんとか苦手意識をなくしたいものです。