「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の比較

f:id:lechatcapricieux:20170305072733j:plain

メルカリ便はなんといっても宛名を書かなくていいのが魅力。めんどくさがりさんにはぴったりの発送方法です。そんなメルカリ便には、「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の2つがあります。その2つのサービスを比較していきたいと思います。

共通のメリット

  1. 匿名発送
  2. 宛名書き不要
  3. 全国一律料金
  4. 万が一の際、補償あり

1.匿名配送だと個人情報を教えなくて済むのが魅力です。トラブルが起きた時に、個人情報が知られていると不安ということもありますね。

2.メルカリ便以外の発送方法だと、もれなく宛名書き(または印字)の作業が発生します。そうすると記入を間違える可能性もあるので、宛名書き不要というのはラクな上に安心です。

3.通常の宅配便で発送すると、地域によって料金が異なりますね。メルカリ便なら全国一律なので、どこに発送しても利益は同じです。

4.商品紛失や破損などの万が一の際には、商品代金を返金してもらえるので安心です。

それぞれの特徴を比較

  らくらくメルカリ便 ゆうゆうメルカリ便
配送会社 ヤマト運輸 日本郵便
発送できるところ ヤマト営業所、ファミリーマート、サークルKサンクス 郵便局(対応郵便局のみ)、ローソン
受け取れるところ 自宅 自宅、郵便局、ローソン、
ミニストップ、日本郵便の宅配ロッカー「はこぽす」
集荷 ×
対応サイズ ネコポス、宅急便コンパクト、宅急便60〜160サイズ ゆうパケット、ゆうパック60〜100サイズ

どちらも一長一短です。

発送しやすさで選ぶ

基本的には家から発送に行きやすいところを選択すればいいと思います。また、重い荷物の時はヤマト運輸さんに集荷に来てもらうことができる「らくらくメルカリ便」が便利です*1。今のところ、ゆうゆうメルカリ便では集荷に来てもらえません。

そしてゆうゆうメルカリ便の発送ができる郵便局は限定されています。対応郵便局一覧は以下ゆうプリタッチ設置郵便局一覧をご確認ください。

ゆうプリタッチ設置郵便局一覧

つづいて対応サイズを細かく比べていきたいと思います。

荷物のサイズで選ぶ

ポストに入るサイズ

雑誌やアクセサリー、薄手の衣類など厚みがあまりないものは、らくらくメルカリ便の「ネコポス」・ゆうゆうメルカリ便の「ゆうパケット」が最安です。

どちらもポストに配達できるサイズになっていますが、若干異なりますので比較していきましょう。

  らくらくメルカリ便の「ネコポス」 ゆうゆうメルカリ便の「ゆうパケット」
厚さの制限 2.5cmまで 3cmまで
大きさの制限 角形A4サイズ(31.2cm以内×22.8cm)以内 たてよこ高さの3辺合計60㎝以内(長辺が34cm以内)
重さの制限 1kgまで 1kgまで
料金 全国一律195円(税込) 全国一律175円(税込)

サイズも料金もゆうゆうメルカリ便の勝ちですね。

らくらくメルカリ便のみ対応「宅急便コンパクト」

f:id:lechatcapricieux:20170701163949j:plain

by: 宅急便コンパクト | ヤマト運輸

  • 事前に専用BOX 65円(税込)の購入が必要
  • 全国一律料金380円ですが、専用BOX代と合わせると実質445円
  • たて20㎝・よこ25㎝・高さ5㎝ *2

私的には大きさが中途半端で、残念ながらほぼ利用したことがありません。いつか使うかも?と思い、クロネコメンバーズのポイントで専用BOX5枚組と交換しておいたのですが、4枚残ってます。これまで1回しか使っていないです^^;

とはいえ、宅配便と比べ安価なのに集荷してもらえて手渡しで配達してもらえるというのはいいですね。

宅配便サイズ

サイズ(大きさ)は、たて・よこ・高さの合計で算出します。

f:id:lechatcapricieux:20170701190225j:plain

  らくらくメルカリ便 ゆうゆうメルカリ便
60サイズ 600円(2㎏まで) 600円(30㎏まで)
80サイズ 700円(5㎏まで) 700円(30㎏まで)
100サイズ 900円(10㎏まで) 900円(30㎏まで)
120サイズ 1,000円(15㎏まで) ×
140サイズ 1,200円(20㎏まで) ×
160サイズ 1,500円(25㎏まで) ×

ゆうゆうメルカリ便は一律30㎏までなので重さはあまり気にしなくていいところがいいですね。らくらくメルカリ便は、重さの制限はありますが大きな荷物にも対応しています。

まとめ

らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便、それぞれに良いところがありますね。

メルカリ便を選択すると送料込みの価格になりますので、損しないように発送方法を選択したいものです。

また、お得さだけを求めずに、ファミマが近所にあればらくらくメルカリ便、ローソンが近ければゆうゆうメルカリ便というように、かける労力も考えて発送方法の設定をするのもいいですね。

メルカリ便はラクで便利な発送方法なので、上手に活用していきたいですね。

*1:ネコポスは集荷に対応していません。

*2:A4サイズの薄型タイプもありますが、それを利用するならネコポスやゆうパケットで十分かと思います。