読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

商品発送に必要なものは?リサイクル品や家にあるものを利用しよう!

商品を発送するには、ダンボールだったり、封筒だったり、輸送中の商品ダメージを少なくするために緩衝材を入れたり、いろいろと準備が必要になってきます。基本的に家にあるものやリサイクル品などで十分です。

梱包資材

ダンボールや封筒は基本的にリサイクル品を使っています。不用品を売るためにわざわざ資材を買っていてはもったいないですね。中古品を買うお客さんに、新品のキレイなダンボールに入ってくることを期待している人はいません。なので、普段からネットショッピングなどで届いた箱や緩衝材を保管しておきましょう。

ダンボール箱

発送 ダンボール リサイクル

常時、何箱かキープしています。壊れやすいものは封筒ではなく、ダンボール箱に入れるのが基本です。また、何点もまとめて発送する時にも、ダンボールが必要となってきます。

プチプチ付きの封筒

発送 ダンボール リサイクル

主に本を買った時に、プチプチ付きの封筒で届きます。この封筒をとっておいて、本や小物を発送するのに使用しています。

ショップ袋や紙袋

発送 ダンボール リサイクル

こちらもとっておくと重宝します。丈夫そうなものから、ビニール袋まで異なる種類のものをいくつか持っておくと、使いたい時に選べて便利です。

テープ類

発送 ダンボール リサイクル

透明テープ大・小を常備しています。クラフトテープなどもあると便利ですね。

緩衝材

発送 緩衝材 リサイクル

もちろんリサイクル品も使いますが、それだけでは足りなくなることが多いので、購入して常備してあります。このエアーキャップ(プチプチ)は、30cm幅のものが使いやすくてお気に入りです。ホームセンターにもありますし、100均にも小さいサイズなら売っていますね。

また、ダンボールのすき間を埋めるために新聞紙も常備しています。新聞はとっていないので、時々ポストに入る情報紙を利用しています。

重さや大きさをはかるもの

発送方法によって重さや大きさに制限があるので量りやメジャーが必要になります。郵便局や運送会社でもはかってくれますが、事前に送料を調べておいて、出品情報に記載する必要があります。出品時に送料を確認しておかないと、発送時に差額が生じてしまいトラブルになることもありますので、事前にはかっておくことをおすすめします。

メジャーや量り

発送 ダンボール リサイクル

私(管理人)が使用している量り(右)は、料理用の量りです。お菓子作りによく使っていましたが、最近めっきり使わなくなったので、ほぼ発送専用となりました(笑)。1g刻みで2kgまで量ることができます。本当は5kgまで量れるものが欲しいです。

メジャー(左)は、大きさを測るのに必要です。発送方法によって最小サイズと最大サイズが決められているので、それを超えていないか測る必要があるのです。